« 桜桃忌 | トップページ | 泡波 »

2009年6月20日 (土曜日)

まとめ

すべて起こることは必要必然、そこに偶然はありません。
今回の石垣島ツアーにおいてもそのことが多々クローズアップされました

石垣島集合時、はじめは青空も見えていたのでちょっと海岸を散策。ホテルに着く頃から降り始め、街中散策の時は土砂降り。我々はその時には建物の中でした。ラッキー♪

次の日、前線は沖縄本島のほうに上がっていたので西表島上陸。現地の人も、我々が来るかどうか心配していたらしく、前線がいなくなちゃったと驚いていました。

西表島が近づいてくると密林の中に白い筋が立っています。そこは道路もないところ。現場の人に聞くと、前の日が大雨で水量が多くなって、船の上からも見えるくらいになっている、普段は見えるようなものではない、「滝」だったのです。行く前に、滝が見たいねえというと、奥地まで行かないと見れないよと言われていたのですが(^^♪

西表島の移動はバスにしようとしていたんですが、レンタカーがあるのを聞いてそれに変更。ちょうど8人乗りなので一台で動けることになりました。ラッキー♪

お土産に「星の砂」が欲しいという方がいて、私はそれがどこにあるかもわからず聞き流していたのですが、西表島に上陸すると、ありました。星の砂海岸♪ そこにはビン詰めされた「星の砂」や、もっと珍しい「太陽の砂」がお土産に売られてました。

みんなが泳ぎたいというので、ちょっと時間があったので裏のビーチまで移動。10分も歩くと、そこは絶景のプライベートビーチ!一瞬にして皆さん、水着姿になっていました(^^♪

イリオモテヤマネコは発見されたのではなく、民家に入って捕獲されたんだという場所が記念碑になってました。

西表島の養殖場で普段の潮だといけない浜にも、その時には潮周りが良くて行く事ができました。

次の日に向かったのは挿核体験ができる川平湾。黒蝶真珠成功の地です。降りた途端に雲行きが怪しくて、でもみんなに展望台から湾を見て欲しくてツカツカと歩いていくと、着くなり太陽が出てきて湾内の絶景を堪能。ラッキー♪

本社事務所に行くと、なんと今の琉球真珠の社長自らがお招きくださり、黒蝶真珠の説明や経営的お話をしていただきました。その時、外は土砂降り。

帰りがけ社長に呼び止められてお話されたのが、新規ビジネスの意匠登録がおりた件。一緒にやりたいとのお申し出、特許庁からの証明日が私の誕生日、今年の1月23日。
(ちなみに123は私の周りでは非常に多く出現する番号です)

石垣島特産のラー油があるらしく、ただ、どこで買えるのか知らなかったので聞き流していたところ、ホテルに帰る途中にその店があることを発見。一人1本しか買えないらしく、三日に渡って買ってました。

早めに帰る方がいたので空港まで送ったところ、普段は滅多にお会いすることがない黒蝶真珠の生みの親の渡嘉敷会長にバッタリお会いできました。

今回、車を貸していただけることになった方は現石垣市長の秘書さんなんですが、8人乗りの車を4日も通しで借りたら、レンタカー代はいくらになったことか。彼は飲み友達。帰りがけの日は議会の一般質問最終日で、ちょうど区切りが良かったらしく、最後の夜は思いっきり飲んでいただきました(^^♪

私が帰る当日、羽田までの同じ便に販社の社長で渡嘉敷会長の息子さんとまたまたバッタリ同乗。

6月19日は太宰治の誕生日と命日。その日のそのタイミングで菩提寺のある三鷹に帰って来てお墓参りもできました。

とまあこの一週間の、タマタマの偶然にしてはあまりにもタイミングが良すぎてしまう出来事、すなわちシンクロニシティの量に驚いている次第です。

普段なら「タマタマの偶然の一致」として片付けてしまう事象にも意味があります。小さな意味の積み重ねが自分に運を引き寄せるコツなんです。

そのようなことが多く起こる時は自分がツイている証拠。前に進む時期なんです。

起こる事にはすべて意味があります。ということは、今回のシンクロニシティにも必ず意味がある。それを紐解く先に向かう方向があるということですね。

私の場合、普段から便利なほど、自分の思ったとおりのことが答えとなって教えてくれるので、そんなもんかなと思っていましたが、今回はみんなもその事実を見て感動されたり不思議がったりと、一緒にその経験ができたということは、みんなも私と同じ波長でシンクロニシティを引き寄せていたということになりますね。

この事実をどれほどの人が共有できるかが、私の行動力となるようです。

信じる人は必ず自分に必要なシンクロニシティを引き寄せます。

その証明をしているんですね(^^♪

また、次のツアーの企画を考えます。お楽しみに(^_-)-☆

|

« 桜桃忌 | トップページ | 泡波 »

コメント

今回は本当にありがとうございました。
ちなみに、私は12月3日生まれ、そうです、「123」なんです。

投稿: JZ | 2009年6月20日 (土曜日) 18:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 桜桃忌 | トップページ | 泡波 »