« 普遍 | トップページ | アメリカ »

2008年3月22日 (土曜日)

パンドラ

混沌、暗黒、闇、夜、天上、昼、大地、天空、海、太陽

美、愛、掟、記憶、智恵、平和、秩序、正義、輝き、歓喜

このコトバはギリシャ神話の始まりに出てくる神々の名前。

ギリシャ神話においてはすべての事象や言葉に神が宿る。

最初の男性はプロメテウスが型を作りゼウスが命を吹き込んだ。

最初の女性はヘパイストスが型を作りゼウスが命を吹き込んだ。

最初の女性をパンドラという。パンドラは人間界に降りる時、

旅の神様エルメスから「嘘」と「ごまかし」という人間界で生きる

Tipsをもらう。その後、ゼウスからもらった壷を退屈しのぎに

開けた途端、嫉妬、病気、死、恨み、盗み、裏切り、不安、

争い、後悔、殺意、不満、貧しさ、悲しみ、自己嫌悪という

元々天上界にあった苦の思いを人間界に撒き散らしてしまう。

慌てて蓋を閉めようとするが、最後にひ弱な、でも暖かく壷の

底で光り輝く「希望」を見つける。

「希望」は言う。

「私は人が思い出してくれないと役に立てない。だから、私を

忘れないでほしい。私は人が気付いてくれないと、そばにい

てあげることが出来ない。

先に出て行った悪いこと達は、思い出さなくても人の身に降り

かかる。その時に私を思い出してほしい。希望があれば超え

られる。私を信じること。希望があれば必ず道は開けます。」

と、言い残して飛んでいった。

人間は神が自らの姿に似せて創ったもの。

既に神々の世界にあった数々の苦難をもパンドラという

人間が自らの手で解き放ったのだとする。

今生で起こることはすべて、自分の思い方で良くもなるし

悪くもなる。希望のみが人を前に向かせるコトバなのだ。

ギリシャ神話は2800年前には完成していたという。

神々の叡智がそこにも宿っている。

|

« 普遍 | トップページ | アメリカ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 普遍 | トップページ | アメリカ »