« 好奇心 | トップページ | 死生観 »

2008年1月21日 (月曜日)

仕事に呼ばれて

我々は自分で仕事を探していくように思っていますが実は逆。

仕事(勉強も同じ)が持つ波長に共鳴することで、我々が

その仕事に携わるようになります。なぜなら、呼ばれる仕事

でないと我々が本来越えるべき課題を体現させてくれない

から。どんな小さなことでも同じ。仕事や任務の大小に価値

の違いはありません。大きい仕事をしているから、自分は凄

いんだ、誰でもができるような仕事だから私は情けない、とか

いう感情は持ってはいけない。いま、自分が呼ばれている仕

事を目一杯、創意工夫しながらやり通すことで自分の磨きが

できる。不平不満を持たず、楽しみながらワクワクしてできる

仕事を通して自分の成長を促すことが出来る。そう自分が

理解することが大事。なぜ、この仕事をしているんだろう、で

はなくて、この仕事を通じて私はどんな磨きが出来るんだろ

うと考えること。仕事はあくまでも道具。本質は自分を磨くこと。

大きな仕事をしたから自分が大きくなるかといえばそうではな

い。小さい仕事しか出来ないからと自分を卑下する必要もない。

ましてや、今までずっとやり続けた仕事はまさに自分を磨くため

には一番あっているものだということが判断できるのです。

ひとつの事を始めたら、三ヶ月、六ヶ月、一年、三年、五年と

続け、ひとまず十年続いたら本物。人は十二年のサイクルが

イチパターン。その繰り返しを何回するか。決して1年くらいで

諦めてはダメなのです。

・・・ ちなみにこのパターンは人間関係性でも一緒。

人の付き合いもこのサイクルで動きます(^o^)丿

|

« 好奇心 | トップページ | 死生観 »

コメント

そうか。良かった。。。。

今、母親の仕事のお手伝いしているけど、
小さい会社だし、仕事の量が多いワケじゃないし、
私、このままでにいいのかな、と思っていたけど。

何だかすっきりしました。
そうですよね、そこでどう自分を磨くか、
ですよね♪

よーーっしゃ♪俄然、やる気が出てきたぞー。

投稿: りづ | 2008年1月21日 (月曜日) 14:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 好奇心 | トップページ | 死生観 »