« 洗車 | トップページ | 一歩前へ »

2007年5月 6日 (日曜日)

古事記

半日ほど空欄の時間が作れたので久しぶりに古事記の

世界に浸っていた。私の思考思索は大概そうで、ひとつ

のテーマを何年にもわたって繰り返し追っかける。

その間は全く気にしていなかったり、チョコチョコと資料を

集めたり、その現場に赴いたり、方法は多岐にわたるが、

古代史についてはライフワークみたいなものだ。古事記

についてはアマゾンで手に入るものはここぞとばかり買

ってしまう(^_^;

この考察を繰り返すたびに理解は深くなり、前には見え

なかったことが容易に腑に落ちたりすることが多々ある。

知れば知るほどこの当時の歴史は面白い。

特に私が好きなのは古事記神代編。私の中では神代

のころが歴史なのである。そこに出てくる地名や出来事

はほとんどが現在の現実に比定できる。

今回はタマタマ前から持っていた安彦良和作のスサノオ

から神武までの八冊である。知っている人は知っている

と思うが、彼はガンダムの生みの親。その彼が古事記を

彼なりに解釈して描き上げたものがあるのだ。読み始め

てしまったらツイツイ止まらなくなってしまって、足りない本

はその場で買って読んでしまった。おかげで、文字だけで

なく描画的に当時のイメージを生メカシく掻き立てられてし

まった(^O^)/

|

« 洗車 | トップページ | 一歩前へ »