« 生きがいの本質 | トップページ | 飯田史彦著 生きがいの創造 »

2006年1月16日 (月曜日)

廃業

先日、私の知人が会社を廃業にしました。小売店2店舗で3億5千万円を売り上げていた、地域でも有数の会社でしたが、先行きを考えていく上での決断です。従業員は解雇。良い悪いではなくそれが経営者の決断。それが現在の社会の中で、よくあることになりつつあると感じます。自分のことを自分で決める様にならなければならない、そのようなポジションに我々がいる時代になってきたと思います。自己責任で全てを判断していかなくてはならない時代。厳しい時代だと思います。だからこそ、磨いていかなくてはならない。少なくとも自分がかかわりのある部分においては。

|

« 生きがいの本質 | トップページ | 飯田史彦著 生きがいの創造 »